ホーム   >   企業情報   >   沿革

沿革

年代 項目
1941年7月 東京府向島区(現東京都墨田区)において個人で鷹野製作所を創業
1953年7月 各種ばねの製造・販売を目的として長野県上伊那郡宮田村に資本金30万円で株式会社タカノ製作所を設立
1954年8月 長野県上伊那郡宮田村に薄板ばね、線ばね製造の宮田工場を新設
1962年3月 ばねで培った技術をもとに、折畳ばね椅子を開発
1963年10月 横浜市緑区(現都筑区)に、自動車部品製造の横浜工場を新設
1966年12月 宮田工場内に椅子の製造ラインを設置
1968年3月 工具・機械等の仕入れを円滑にするため、関係会社として日光商事株式会社(現株式会社ニッコー)を設立
1968年11月 コクヨ株式会社と取引を開始
1969年10月 長野県伊那市に椅子製造の沢渡工場(現伊那工場)を新設
1973年8月 社名をタカノ株式会社に変更
1979年9月 専用機、金型の設計、製作、販売を行うため、関連会社としてタカノ機械株式会社を設立
1982年3月 伊那工場内でエクステリア製品の製造を開始
1983年12月 長野県上伊那郡宮田村にエレクトロニクス関連製品製造の特品工場を設置
1985年8月 長野県伊那市に、高級事務用回転椅子製造の下島工場を新設
1985年8月 エレクトロニクス関連製品の電磁アクチュエータを開発、製造・販売
1985年9月 東京都千代田区に東京事務所(現東京営業所)を設置
1987年6月 画像処理装置第1号機を完成
1989年3月 長野県上伊那郡宮田村にエクステリア製品製造の南平工場(現画像処理検査装置製造)を新設
1992年4月 エレクトロニクス関連製品の製造・販売一元化のため、タカノ販売株式会社(昭和60年9月設立)を吸収合併
1994年2月 北海道函館市に画像処理検査装置開発を行う函館事業所を開設
1994年5月 東京大学に原子間力顕微鏡を納入
1995年7月 日本証券業協会に当社株式を店頭売買銘柄として登録
1996年12月 ISO9001認証取得(電磁アクチュエータ)
1997年2月 東京証券取引所市場第二部に当社株式を上場
1997年11月 ISO9001認証取得(オフィス家具)
1999年1月 長野県駒ヶ根市にエクステリア製品の製造兼物流拠点として馬住工場(兼倉庫)を新設
1999年3月 ISO14001認証取得(オフィス家具)
1999年3月 ISO9001認証取得(エクステリア)
1999年8月 ISO9002(現在はISO9001)認証取得(宮田工場)
1999年9月 ISO9001認証取得(画像処理検査装置)
2001年1月 エレクトロニクス関連事業基盤強化の目的で、静岡県藤枝市に関係会社オプトワン株式会社を設立(平成21年12月清算)
2001年9月 ISO14001認証取得(本社、健康福祉、ユニット部門、エクステリア、エレクトロニクス関連)
2004年3月 当社株式が東京証券取引所市場第一部に指定
2005年2月 台湾における画像処理検査装置のメンテナンスおよびサービス強化の目的で、台湾鷹野股份有限公司を設立
2006年5月 韓国における画像処理検査装置の販売等強化の目的で、TakanoKoreaCo.,Ltd.を設立
2009年11月 第二種医療機器製造販売業、医療機器製造業(医療機器一般)許可取得
2010年1月 中国におけるオフィス家具製品等の仕入販売強化の目的で、上海鷹野商貿有限公司を設立
2010年3月 ISO13485認証取得(健康福祉)
2011年8月 アジア地域における電磁アクチュエータの販売強化の目的で、香港鷹野国際有限公司を設立
2012年7月 ISO9001全社(全部門)統合認証の取得
2014年7月 大阪市北区に大阪営業所を設置
2017年11月 半導体等関連分野外観検査装置事業の譲受にともない、埼玉県川口市に埼玉事業所を設置
2018年10月 大分県大分市に大分CSセンターを設置

ページトップに戻る

企業情報

公式サイトリンク