【オーニング・パラソル導入】事業再構築補助金活用ヒント

2022.05.23 2024.01.15
補助金

中小企業等の事業再構築を支援する助成金『事業再構築補助金』は、2023年に制度概要が大きく変わりました。
この記事では、『事業再構築補助金』とは何かのほか、補助金活用のヒントをお伝えします。

 

事業再構築補助金とは

事業再構築補助金とは、新分野への展開や業態・事業・業種転換、事業再編など、
思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援する補助金です。

主要な要件は下記の通りになります。

事業再構築補助金 必須申請要件(全枠共通必須要件)


A.事業計画について認定経営革新等支援機関の確認を受けること

事業者自身で事業再構築指針に沿った事業計画を作成し、認定経営革新等支援機関の確認を受けること。

補助金額が3,000万円を超える案件は金融機関(銀行、信金、ファンド等)の確認も受けること。

(金融機関が認定経営革新等支援機関を兼ねる場合は、金融機関のみで構いません。)



B.付加価値額を向上させること

補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0~5.0%(申請枠により異なる)以上増加、

又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0~5.0%(申請枠により異なる)以上増加させることが必要です。

各申請枠の要件は?

具体的な支援策として以下の申請枠が用意されています。

各申請枠の概要


1.成長枠

成長分野に向けた大胆な事業再構築に取り組む事業者を対象とし、最大で7,000万円までの支援を行います。

対象となる事業は市場規模が10%以上拡大する業種・業態であり、業者はその事業への参画に当たって事業計画を作成し必要な認証を受けることが求められます。


2.グリーン成長枠

グリーン分野での事業再構築を通じて高い成長を目指す事業者を対象とし、補助率等が特別に設定され、最大で1.5億円までの支援を行います。


3.卒業促進枠

中小企業から中堅企業への成長を目指す事業者に対して、補助金額を上乗せして支援します。


4.大規模賃金引上促進枠

大規模な賃金引上げを行う事業者に対して、補助金額を上乗せして支援します。


5.産業構造転換枠

国内市場の縮小等業界が大きな変化に直面した事業者に対し、特別に対応する形で支援します。

対象経費に廃業費も含まれ、必要に応じて補助上限額を上乗せすることがあります。


6.物価高騰対策・回復再生応援枠

コロナウィルスや物価高騰で業況が厳しい事業者に対し、最大で3,000万円までの支援を行います。


7.最低賃金枠

最低賃金の引上げの影響を受け、その資金確保に困難を感じている特に苦しい中小企業等を対象とした補助金制度です。



これら各枠にはそれぞれ特徴があり、対象となる事業者の業態や事業内容により最適な支援を提供しています。

それぞれの枠に対する具体的な補助上限額や補助率、対象となる事業者の要件等も詳細に説明されています。



助成金・補助金に関してのお問い合わせ、

「タカノ助成金・補助金診断システム」 よりご相談ください。

Webサイト:https://shindan.jmatch.jp/writeup/?takano

オーニング・パラソル × 事業再構築補助金

オーニングやパラソルの導入シーンでは、下記のような活用も可能です。

活用事例1 【ステラシリーズ×テイクアウト】

飲食店舗からテイクアウト専門店へ業態転換!パラソルやオーニングを設置してテイクアウト販売をスタート


活用事例2 【リパーロシリーズ×グランピング】

自社所有の土地を活用し、オートキャンプやグランピング事業に参入!





オーニング・パラソル製品一覧を見る

事業再構築補助金の詳細について

事業再構築補助金
詳細については、下記中小企業庁の公式ホームページをご確認ください

まとめ

オーニングやパラソルを導入して新しい挑戦を!とお考えの企業・店舗の皆様。
それが業態や事業転換等に関わるものであれば、補助金を活用できるチャンスがあります!
ぜひいちど確認されてみてはいかがでしょうか。




関連記事

資料ダウンロード
今すぐ読む
お役立ち情報 配信中
無料メルマガ登録
お問い合わせ・資料請求・見積依頼
お問い合わせフォーム
タカノ株式会社 エクステリア部門 Twitter タカノ株式会社 エクステリア部門 facebook タカノ株式会社 エクステリア部門 youtube タカノ株式会社 エクステリア部門 instagram