ホーム   >   お知らせ

お知らせ

【TOPICS】『ほこみち』コロナ禍における道路占用許可の緩和とは?

2021.08.25


【TOPICS】『ほこみち』
コロナ禍における道路占用許可の緩和とは?


 【TOPICS】『ほこみち』
コロナ禍における道路占用許可の緩和とは?


新型コロナウイルス感染症の影響を受ける
店舗・企業等を支援するための緊急措置として、
沿道飲食店等のテイクアウトやテラス営業などの路上利用に伴う道路占用許可が
緩和されていることはご存じでしょうか。

昨年6月に許可が緩和されて以来、
今年1月には全国で約360件もの適用事例があったと発表。
この特例の期限は今年の3月まででしたがその後9月末までに延長されています。
<9/10更新>この特例は令和4年3月末までに期限が再延長されました

この特例措置終了後も、
「歩行者利便増進道路(ほこみち)」に移行を希望することができ、
ほこみちに指定されると、継続的に食事施設等の路上利用が可能。
より柔軟に道路占用が認められます。

・申請には占用したい道路の道路管理者へ申請が必要です
・道路にイスやテーブルを設置する際は、道路管理者による「道路占用許可」及び警察による「道路使用許可」が必要です


全国の街で活用がはじまっています!
■活用事例1【北海道 室蘭市】
市道室蘭中央通線などの総延長およそ1.5kmの区間を 
SNS上で「#室蘭路上利用大作戦」をタグ付けして情報発信!

■活用事例2【静岡県 浜松市】
道路使用許可手続きを市が一括して行うことで、手続きを簡素化。
市の補助制度を活用して、参加店舗の椅子やテーブル等を設置。

■活用事例3【東京都 台東区】
3つの商店街が設置した街頭下スタンドやテラス席を活用。
各店舗が悩んでいた間口の狭さという課題を克服!


占用緩和の詳細については、下記国土交通省公式ホームページをご確認ください

■新型コロナウイルス感染症に対応するための沿道飲食店等の路上利用に伴う道路占用について(国土交通省ホームページ) 

テラスのない店舗、ミニマムスペースのお店でも、
店舗前を活用できるチャンスがあります!
パラソル・オーニングの導入と一緒に検討されてみてはいかがでしょうか。


>>>>>>>>>>

以前ご紹介した
中小企業等の事業再構築を支援する助成金制度
『事業再構築補助金』の活用については↓こちら↓

適用の条件など補助金の詳細は、
経済産業省・中小企業庁の公式ホームページをご確認ください。 

■事業再構築補助金事務局ホームページ

■経済産業省ホームページ

お知らせ・展示会情報